全切開・眼瞼下垂

double eyelid

全切開二重術

たるみ取り併用全切開

こんな方にオススメ

全切開二重術は糸ではなく皮膚の癒着を利用して一生物の二重を作ります。
全切開は取れない二重を作るだけでなく、たるんだ皮膚、余分な眼輪筋、眼窩脂肪、R O O F(後眼輪筋脂肪)を適切に除去する事で軽くて自然な大きな目にする事が可能です。
デメリットとしてはダウンダイムが長い事、しばらくは切開の傷がある事です。

全切開は二重になるけど派手な目になると思われがちですが、控え目な幅にする事で天然二重のようなナチュラル二重にする事も可能です。デザイン次第で末広二重、並行二重、中間型の二重にもなれます。

また睫毛の生え際が綺麗に見える二重を作りたい場合、埋没法でも十分可能な場合もありますが、睫毛の上にたるみが多く乗ってしまっている方は余剰な皮膚を切除する事で、睫毛の生え際が綺麗に見える二重を作りやすくなります。
逆に余った皮膚や脂肪の組織を除去せずに幅広二重を作るといわゆるハム目と呼ばれる不自然な目になったり、睫毛の生え際が見えない暗い目になってしまいますので適切な処置が大切です。

全切開二重イメージ

*上記の図の説明は全切開+たるみ取り+眼瞼下垂の工程になります。
* 2はたるみ取りなどを併用することで行います。

症例写真

全切開+眼瞼下垂
全切開+眼瞼下垂or
たるみ取り併用全切開+軽度眼瞼下垂


眼瞼下垂(目つき矯正)

こんな方にオススメ

眼瞼下垂は目を開ける上眼瞼挙筋を短縮・前転して目を開けやすくする手術です。
目が細く黒目が見えにくい方が適応となります。眠たく見えたり目つきが悪く見える方は目つきが良くなるので、美容では目つき矯正と言われる事もあります。
微妙に内側を強くあげたり、外側を強めにあげたりして目の印象を変える事も可能です。
開きが悪い目に二重幅を広げる手術をするとより眠たい目になってしまうので眼瞼下垂をする事で自然は幅広二重になります。
あまりに目の開きを良くし過ぎるとびっくりしたような目になったり、目が閉じにくくなったりするのでデザインは注意が必要です。

眼瞼下垂(目付きなど)の違い

眼瞼下垂

目を大きくするとは?

二重幅を広くする事と、目の開きをよくする事は別です。
この違いを理解しておかないとどうすれば自分自身が求める大きい目にたどり着かない事があるので注意が必要です。
芸能人や女優さんの目を見ると分かりますが、二重幅は意外と狭い方が多いです。
しかし、目の開きはほとんどの方が人並み以上で、これが目が大きく見える、綺麗に見えるポイントです。
開きが悪い目に対して幅広で埋没法や全切開をしてしまうと二重は広がったのにより眠たそうで小さい目になってしまいますので適切な術式を選択する必要があります。

Down time

ダウンタイムや注意事項


副作用 むくみ・内出血・目元の熱感・だるさなど
を生じることがあります。
数日は目の中がゴロゴロすることがあります。
2~3週間程度で落ち付きます。
切開部の傷痕が体質により、ケロイドのように赤くもり上がる・色素沈着が起こる・傷痕が凹むことがあります。
傷の赤みは数か月かけて、目立たなくなっていきます。
完全に落ち着くまでの目安は半年~1年です。

【眼瞼下垂】
目の開きが良くなることで光が今までより多く入り、眩しく感じることがありますが、次第に慣れ、自然とご自分で調整が出来るようになります。
目を開ける際に額の筋肉を使用するクセがある方は、眉毛が本来の位置よりも高い位置にある傾向があります。
手術後は、過剰に額の筋肉を使用する必要がなくなるため、上がっていた眉毛が本来の位置に戻り、手術前と比べると眉毛の位置 が下がることがあります。

【ごく稀に起きることがある副作用】
頭痛・蕁麻疹・呼吸困難・ 発熱・咳・冷や汗・胸痛・アナフィラキシーショックなどを生じることがあります。

目に砂が入ったときのように 目が開けられない、痛い、涙がボロボロこぼれてくるなど、
眼球刺激症状がある場合はすぐにご連絡ください。
腫れ・痛み等
術後~1週間 まだ腫れが強い期間です。
むくみを感じたり目やにが増えたりします。
腫れ・内出血により一時的に二重の幅が広くなったり、
二重の幅に左右差が生じることがあります。
まれに、視界がぼやけて見える時期がありますが、角膜の腫れが影響していると考えられますので腫れが落ち着くと共に改善されます。
1~2週間 1週間後に抜糸し、メイク可能が可能となります。
腫れや傷はありますが、
人によっては人前に出られる程度になります。
(腫れの引きには個人差があります。)
2~4週間 7~8割腫れは治ります。
傷が硬くなり(拘縮)1ヶ月目より少し赤く目立つ様になります。
4~12週間
(1~3ヶ月)
傷と残りの腫れが治っていきます。
完成度は90%程になります。
まだ目の開きが悪いこともあります。
12~24週間
(3~6ヶ月)
完成に近づきます。
注意事項 当日はご自身の運転による車やバイクでの来院はおやめ下さい。
(目元に麻酔を使用しますので若干視界が悪くなります翌日までは運転をおひかえください)
貴金属・貴重品は持参しないで下さい。
(アクセサリーは外してきてください)
◆ 飲酒・喫煙は手術後1週間は中止してください。
その後もむくみや腫れ、傷の治りの遅れとなる為1ヶ月はなるべくお控えください。

術後の注意事項と過ごし方

ダウンタイム

FLOW

施術までの流れ

  1. 1. ご予約

    *LINEのお友達申請をしていただきこちらからご予約をお願いします。

  2. 2. カウンセリング

    施術の内容について担当医師より詳しくご説明があります。
    ご不明点などがありましたらお気軽にご相談ください。

  3. 3. 施術の準備

    麻酔を行っていきます。

  4. 4. 施術・治療

    麻酔が効き始めた段階で施術を行っていきます。



価格について

全切開キャンペーン価格
 140,000円(税込154,000円)
部分モニターキャンペーン価格
 99,800円(税込109,780円)
たるみ取り併用全切開キャンペーン価格
 210,000円(税込231,000円)
部分モニターキャンペーン価格
 149,800円(税込164,780円)
眼瞼下垂単独キャンペーン価格
 210,000円(税込231,000円)
部分モニターキャンペーン価格
 149,800円(税込164,780円)
目つき矯正
(眼瞼下垂に対するオプション)
キャンペーン価格
 120,000円(税込132,000円)
部分モニターキャンペーン価格
 99,800円(税込109,780円)
睫毛上皮膚全切開キャンペーン価格
 210,000円(税込231,000円)
部分モニターキャンペーン価格
 149,800円(税込164,780円)
全切開+眼瞼下垂or
たるみ取り併用全切開+軽度眼瞼下垂
キャンペーン価格
 280,000円(税込308,000円)
部分モニターキャンペーン価格
 199,800円(税込219,780円)
全切開+眼瞼下垂or
たるみ取り併用全切開+中度眼瞼下垂
キャンペーン価格
 350,000円(税込385,000円)
部分モニターキャンペーン価格
 249,800円(税込274,780円)
閉じる